2010年01月29日

舛添氏、小沢氏が聴取受けるのは「当たり前」(産経新聞)

 自民党の舛添要一前厚生労働相は23日午前、民主党の小沢一郎幹事長が午後に東京地検特捜部の聴取に応じることについて「行ってきちんと説明するのは当たり前のことだ。『無実ならなぜきちんと検察に言わないのか』という声に対してここまで時間がかかったのは批判される。(聴取の)中身は検察の捜査を見守りたい」と述べた。都内で記者団に語った。

【関連記事】
小沢氏に対する告発状受理 東京地検 
小沢氏余裕「いつでも説明」 潔白と権力保持へ強気
小沢氏きょう聴取、焦点は「関与」「原資」
ほころび目立つ小沢氏の主張 3年前の釈明会見を検証する
「リーク記事しか書かないマスコミ」公安委員長が批判

<小沢幹事長>弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す(毎日新聞)
銘酒は名水から 吹雪の中での「寒九の水くみ」(産経新聞)
自民・谷垣総裁が山崎、保岡、片山3氏の公認見送りを正式表明(産経新聞)
<奈良・若草山>春呼ぶ山焼き 古都の夜空焦がす(毎日新聞)
「何回言われても分かりません」涙をまじえ、否認を貫く菅家さん(産経新聞)
posted by ウシヤマ ヨシハル at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。