2010年06月18日

首相、参院選負ければで辞任かとの質問に「気の早い人だね」(産経新聞)

【菅首相ぶら下がり】(14日夜)

 菅直人首相は14日夜、首相官邸で記者団から参院選で敗退した場合に辞任する可能性について問われると、「割とあなたも気の早い人だね。(就任してから)まだ1週間目なんだけどな」と述べた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【国会】

 −−きょうの野党との国会論戦で自民党の谷垣禎一総裁は、国会の会期を延長せず選挙に突入するのは逃げの手法だと批判している。首相は答弁で、参院選で判断するのは国民だとおっしゃっているが、菅首相就任後、野党との論戦がきょうの代表質問のみで、国民に十分な判断材料を与えられていると考えるか。また、民主党代表として党側に十分審議時間を確保するよう指示する考えはあるか

 「まあ、あの、国会について、いろいろ与野党でやっておられると聞いておりまして、そこはもう任せています。それから、まあ、いろんな議論はですね、これからたとえば選挙になるとすれば、選挙の場でテレビとか、いろんな場面でまた、たくさんありますから、それをあわせて国民のみなさんが十分、判断していただけるような、そういうところは私も出なきゃいけないときには出なきゃ、出て行かなきゃいけないかなと、こう思っています」

 −−国民の選択の場なので、いろんな論議がある中で国民が選択することになると思う。十分だと考えるか

 「うーん。あのー…、十分というのか、これ、通常国会の日程で、結局のところ与野党で議論して、これ以上延長はしないでいくという方向だと聞いていますが、ですから、議論は議論として、いろんな場面がありますから、そういうところでまたやることになるんじゃないでしょうか」

【参院選】

 −−首相は答弁で、参院選で国民の信を問うとおっしゃったが、もし参院選で負けた場合、責任をとって辞任されるという考えはあるか。改めて勝敗ラインを聞かせてほしい

 「割とあなたも気の早い人だね。まだ、まだ1週間目なんだけどな。あの、とにかく、衆議院選挙ももちろん国政選挙ですけれども、参議院選挙も国政選挙で、やはり国民のみなさんが、自分の意思を選挙で表明する大きなチャンスですから、そういう意味で、一般的に国民のみなさんの声を聞く機会だという意味で、信を問う機会だということを申し上げたんです」

 「まあ、獲得目標とかいろいろありますけど、私が当初申し上げましたように、かなり当初厳しい状況がこの前の段階でありましたので、6年前に岡田(克也)代表のころに、かなりそれでも以前から見れば躍進した、その3年前からみれば躍進した議席だったわけですが、今から9年前に比べればですね。そういう意味ではまずは現有議席を、現有議席をしっかり確保すると。このことをまずの目標とすべきだと。そういう考えは変わってません。もちろん、それを超えていくことが望ましいことは申し上げます」

【関連記事】
首相、戦略相問題は厳重注意で幕引き、普天間では責任回避 
衛藤副議長が与党に苦言? 民主「唐突」と反発も
故永井氏めぐり首相と渡辺氏が“まな弟子”対決
菅首相が参院選勝敗ラインを上方修正 「50議席超えが望ましい」
首相、拉致実行犯の釈放嘆願署名「反省している」

秋葉原殺傷事件 重傷の男性「風化させぬ」 若者受け継ぎ(毎日新聞)
<人事>最高裁(16日)(毎日新聞)
ネット選挙の現場 「県内ブログの上位にランク」自民党・高野光二郎氏 高知(産経新聞)
「率先して人件費抑制」市長退職金、全額カット(読売新聞)
隣席は組長の妻?知るわけない、とサッチー提訴(読売新聞)
posted by ウシヤマ ヨシハル at 18:55| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

北沢防衛相、哨戒艦事件で「北朝鮮を強く非難」(読売新聞)

 【シンガポール=白川義和】北沢防衛相は5日、シンガポールのホテルで開かれた「アジア安全保障会議」(英国際戦略研究所主催)で講演し、北朝鮮の魚雷攻撃による韓国哨戒艦沈没事件について、「韓国政府を支持し、北朝鮮の行動を国際社会と共に強く非難する」と述べた。

 さらに、「北朝鮮問題に対しては、韓国、米国をはじめとする関係各国と引き続き緊密に連携、協力する」と語り、北朝鮮への圧力強化に向けて関係国と協調する考えを示した。

 中国海軍の艦載ヘリが4月、東シナ海などで海上自衛隊の護衛艦に異常接近した問題については、「艦艇の安全航行上、危険だ」として、事故防止のための海上連絡システムの必要性を指摘した。

生活保護費めぐる闇 横行するネット仲介とは(産経新聞)
家族会からの要請文に菅首相「はい。はい」(産経新聞)
<投石>中1の次女らに「学校ぶっ壊せ」 容疑の母逮捕(毎日新聞)
火災 早朝の商店街で4棟焼く 久留米、4時間後鎮火(毎日新聞)
<無銭宿泊>所持金36円で4万円の部屋に (毎日新聞)
posted by ウシヤマ ヨシハル at 02:30| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

「クリーンな政治」実現できるか 菅氏の手腕に注目(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相の辞任に伴う民主党代表選で、「クリーンな政治」を訴えた菅直人氏(63)の政治手腕に注目が集まっている。鳩山氏、小沢一郎氏の「政治とカネ」の問題をめぐり支持率を下げた民主党。民主党の浄化はできるのだろうか。一方、若さをアピールした対抗馬の樽床伸二氏(50)も存在感を高めている。

 菅、樽床両氏の代表選の届け出は4日午前9時、民主党本部で行われた。受け付け開始と同時に姿を現したのは、大阪12区選出の樽床氏を推薦する一年生議員、勝又恒一郎衆院議員ら。樽床氏に代わり、代表選の届け出を済ませると「有利不利でなく、最後までさわやかに訴えていく」と意気込んだ。

 菅氏陣営の大河原雅子参院議員らもすぐに駆けつけ、菅氏の出馬を届け出た。午前11時からの代表選に先立ち、国会内に菅氏の陣営は、40人を超える衆院1年生議員を集めて出陣式。優位が伝えられる中、「気を引き締めていこう」などと気勢を上げた。

 菅氏は代表選に際し「日本再生の希望のたいまつ」をスローガンに、民主党が失った信頼を回復するため「政治とカネ」の問題にけじめをつける必要を強調。小沢氏を起用しないことなどを表明して「クリーンな政党」を訴えてきた。

 民主党の田嶋要衆院議員は「政治とカネの問題を抱えたトップ2人がいなくなり、ようやくこれが新しい民主党の第一歩だ」と管氏の“浄化能力”に期待。

 一方、樽床氏は島根県の職人の家庭に生まれ、失明した祖父を支え続けた父の頑張りを引き合いに、「努力が報われる政治」の実現を表明。50歳という若さをアピールし、手つかずだった衆院定数80議席削減を最優先課題に「世代交代」を強く訴え。「今後、存在感を増すのでは」との声も聞かれた。

【関連記事】
菅氏「首相から(引き継ぎの)メモをいただいた」
原口総務相も菅氏支持 長妻厚労相は小沢氏排除に言及
海外メディアが菅氏を紹介 「率直な物言い」「官僚と対決」「イラ菅」
小沢氏側近の松木氏、菅氏の小沢外し発言に不快感
菅氏、早くも“上から目線”!? 「小沢さん静かにしていて」
樽床伸二氏って誰?民主党の“兄貴分”

宙に浮く郵政法案 廃案か それとも強行突破か(産経新聞)
<石綿訴訟>国が控訴を正式表明…厚労相「論点明確に」(毎日新聞)
菅新内閣、組閣は8日に先送りへ(読売新聞)
米、新首相に「同盟修復」を期待 (産経新聞)
玄葉氏入閣へ(時事通信)
posted by ウシヤマ ヨシハル at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。